賃貸マンション経営をお考えの方へ

これからの賃貸マンション・賃貸アパートを考える

「賃貸需要がこれからも増えるよね〜」

というのはいささか信じがたいのではないでしょうか?

画像(460x160)・拡大画像(740x258)

一般世帯総数と平均世帯人員数の推移

一世帯あたりの平均人員は2000年の2.67人から2025年の2.37人まで減少すると予想されています。一世帯あたりの人数が減っていくことを予想し場合、どんなところに住みたくなるのでしょうか?

次に世帯構成ごとの増減をデータから見てみたいと思います。

  • 「一人世帯」 は2000年から2025年までに425万世帯増
  • 「夫婦のみ世帯」 は2000年から2025年までに145万世帯増
  • 「ひとり親と子世帯」は2000年から2025年までに122万世帯増
  • 「夫婦と子世帯」 は2000年から2025年までに292万世帯減
  • 「その他世帯」 は2000年から2025年までに113 万世減

と予想されます。

画像(200x148)・拡大画像(470x350)
画像(200x148)・拡大画像(470x350)

画像(200x148)・拡大画像(470x350)

画像(200x148)・拡大画像(470x350)
画像(200x148)・拡大画像(470x350)

以上の点を整理すると以下の大きな2つのポイントが分かってきます。

  • 一つ目は、ひとり世帯もしくは夫婦世帯は542万世帯増える
  • 二つ目は、65歳の人口は2043年まで1443万人増える

ということです。

ここまで読んでみてあなた様はもう分かったと思いますが、これからは、この需要を知った上でマンション建設をしていかなければなりません。

 

ルネスマンション

一つ目のポイントの、ひとり世帯もしくは夫婦世帯はどのような価値観、どのような住まいをお考えの人たちなのでしょうか?

晩婚化、未婚化によるひとり世帯の増加、子を持たない夫婦の増加。親子の同居率の低下による核家族化及び、お年寄り夫婦の増加。

このことから、今までの規格統一型のアパートマンションだけではこの変化に対応するのが難しくなってくることが予想されます。

例えば、ワンルームも今までよりより広い高級なワンルーム、夫婦だけの世帯を想定した広々とした1LDK、2LDKなんて今までには無い間取りの需要が増えると思います。

私どもエス・フォレストは、この点を十分に踏まえた高付加価値マンションを提案しております。

 

画像(271x48)

追伸

土地、アパート、マンションは高価なものです。そして、一度作ってしまうと作り変えが難しくなるものです。将来に渡り後悔しないためにもエス・フォレストを比較検討の一店に加えて下さい。

エス・フォレスト 代表

続きを読む


[Login]